介護

自律神経失調症とは

自律神経失調症とは

自律神経失調症という病名は聞いた事があると思います。それだけ身近に誰にでも起こりうる可能性のある身近な病気なのです。具体的にどのような病気かというと人間の様々な器官をコントロールしてくれる自律神経が何らかの原因でバランスを崩してしまい体のいたるところに症状があらわれる事を言います。 自律神経失調症の症状は様々で慢性的な疲労感がとれない事やめまい、動悸、頭痛、不眠、手足のしびれや耳鳴りなど他の病気などとも判別しにくいのも特徴の一つです。精神的な面では常にイライラしたり、不安な気持ちが続く、やる気がでない、感情の起伏が激しい、ちょっとした事で落ち込みなどの症状があげられます。少しでも思い当たる事が続いた場合には受診する事をおすすめします。

主な原因とは

自律神経失調症の原因は本当に様々で、体の中でバランスが崩れてしまう原因はその人によって異なります。その代表的な原因は過度なストレスによるもので仕事や人間関係のストレスを解消できずに蓄積してしまう事、睡眠不足や夜間勤務などによって本来の人間の朝起きて夜には寝るというライフスタイルと違う生活を続ける事によって引き起こる事もあります。あとは転勤や引っ越しなどによる環境の変化や女性ホルモンのバランスが崩れる事によって起こる事もあります。現代ではストレスによるものが多く少しでも不調を感じたら、疲れているとは思わずに診断してもらう事が大切です。自律神経失調症は立派な病気なので早期発見して早期に治療する事が大切です。